節分に食べるそばが本来の年越しそば。

一般に「年越しそば」といえば、12月31日の大晦日に食べるそばのことを指します。日本中に定着している年越しそばの風習ですが、この一年の最後に食べるそばを年越しそばと呼ぶようになったのは比較的最近のことです。

以前私が先々代に聞いたところ、江戸時代の後期では大晦日ではなく、節分に食べるそばを年越しと呼んでいたとのこと。

また江戸時代の史料でも、大晦日に食べるそばを年越しそばと呼んでいるものはいまのところみつかっていないようです。

節分とは季節の変わり目のことで、立春、立夏、立秋、立冬のそれぞれの前の日です。本来は一年に4回の節分があるわけですが、現在ではとくに立春の前日を称して節分と呼ばれるようになっています。この日の夕方、ヒイラギの小枝にイワシの頭を刺して戸口に立て、炒り豆(鬼打豆)をまいて悪疫退散、招福を願う風習があります。もともとは7世紀末に中国から伝わった宮中の年末の行事だったのですが、江戸時代頃から民間に広まり、立春の前日に行う清め事となりました。

立春の前日の節分は大寒の最終日、つまり冬から春への節目の日です。そのため江戸時代には、大晦日ではなく節分が本当の年越し(立春が年の改まる日)という考え方がありました。節分に食べるそばを年越しそばと呼んでいたというのも合点がいきますね。新年を新春と呼ぶのもここに由来しているのでしょう。

今年の節分は江戸町人衆の験担ぎを、浅草で創業78年のさらせんのそばでいかがでしょうか。お持ち帰りもご用意しております。

ぜひ美味しいおそばを楽しみながら、福々しい新春をお迎えください。