yakitori熊本地震で被災された皆様には、心からお見舞い申し上げますとともに、残念ながらお亡くなりになりました方には、謹んでお悔やみを申し上げます。

このたびのようなとうてい他所事とは思えない災害を目の当たりにして考えることの一つは、やはり非常食のことではないでしょうか。

以前、うちの妻からどんな非常食を用意すればいいか相談されました。
その時に僕が考えたものを書いてみます。

○インスタント麺/日清 チキンラーメン5食パック 85g×5 (2入り)
理由:そのままでも食べられる。
お湯があれば十分食事になるし、小さいカップでもくずしてお湯を注げば調理可。災害時にはカップ麺だと大量の水と火力が必要になるので不向きだと思われます。

○野菜ジュース/(お徳用ボックス) 野菜一日 これ一本 200ml×24本
理由:非常食に不足しがちなビタミン類、食物繊維の摂取が可
抗酸化系ビタミンの不足は感染症にかかるリスクを高めるので。

○缶詰類/焼き鳥、さんまかば焼きなど
理由/タンパク源として、そのまま食べられるのはもちろん、
ラーメンの具、ごはんのおかずになる。
玉子でとじることができれば親子丼のようにもできます。(災害時に出来ればですが)
ふたを開ければ、そのまま火にかけて温められるのも缶詰めの良いところです。

○ドライナッツ・ドライフルーツ、クラッカー/ドライレーズン、くるみ・アーモンドなどのナッツ類、リッツなど
理由/いつでも食べられて持ち運べる、機動性のある栄養源として。ドライフルーツやナッツ類は栄養源として侮れません。おにぎり一つより頼りになる場合もあると思います。

以上、こんなところが僕が考えた非常食です。もちろん水も用意します。
持ち運びが難しいものもありますが、
家に居られたり、取りに帰れる場合もあるので置いてあれば安心です。

火を起こせて水と鍋があれば、かなり調理は可能ですが無理な場合を想定して、
そのままにも、調理にも対応できる食材を準備するといいのかなと考えて選びました。

実際には今回のように予想外の事態が起きるでしょうからなかなか思いどおりには行かないとは思いますが…。

とにかく、準備をするに越したことはありません。