ゴールデンウィークに料理に腕を振るうパパもたくさんいると思います。

そんなパパ達のために、みんながビックリするカレーレシピを。

それなりに手がかかるのでつくりがいのある一品です。では!

ひよこ豆とひき肉のカレーの作り方

P1000363w

いままで私が作ったカレーの中でも
かなりおいしく仕上ったレシピです。
ホームパーティで振る舞ったさいにも好評でした。

以下レシピを紹介します。

まずは
==ひよこ豆(乾燥)の煮かた===
水洗いの後、豆の三倍量の水に一晩浸します。

浸け水を捨て、たっぷりの水を入れフタをして、
弱火で1~2時間※ほど柔らかくなるまで煮ます。

豆を煮た水はカレーに使うとおいしいので
捨てないようにしましょう!

※私は圧力鍋を使いました。
豆が浸るくらいの水に落としブタをして煮ます。
蒸気が上がってから弱火で5分。その後、自然放置です。
ちなみに豆の量は250g(乾燥時)。
カレーに使った残りはパテにしました。(また後日レシピをご紹介します)
================

では
==ひよこ豆とひき肉のカレー(4人分) レシピ===
・材料
ひき肉 200g
ひよこ豆水煮 250g
玉ねぎ 2~3個(500g)
にんにく、しょうが 各1かけ
カレー粉 大さじ2(私はいつもインディラカレーです)
クミン 少々
豆を煮た水 2カップ
トマト水煮缶詰 1缶
スープの素 固形1個
サラダ油 1/3カップ
(ひき肉が脂肪が少ない鶏などの場合は1/2カップ程度)
塩 大さじ1~2
こしょう 適量
マンゴーチャツネ(はちみつ・ジャム等でも可) 大さじ1~2

① 玉ねぎ、にんにく、しょうがをみじん切りにします。

② フライパンにサラダ油を入れにんにく、しょうがを炒め
香りがたったら、玉ねぎを入れ、20分ほど焦がさないよう
中火で炒めます。

③ ②へひき肉とクミンを加え、火が通るまで炒めます。
さらにカレー粉を加え、さっと炒めます。

※よく②と③の作業は鍋で行いますが
私はフライパンで炒めています。
その方が作業がしやすく、疲れないので。

④ ③を鍋に移し、豆を煮た水2カップ(なければ水)、
トマト水煮缶、ひよこ豆、スープの素を加え、
ときどき混ぜながら30分程度煮ます。

⑤ 仕上げに、塩、こしょう、マンゴーチャツネを加えて
味を調えます。塩は味見をしながら少しずつ加えましょう。
P1000361w
ポイントは
豆の煮水とマンゴーチャツネを使うところです。

豆の煮水には豆のうま味と、
わずかですがトロミがあり
カレーのおいしさをアップします。

マンゴーチャツネは全体の味をまとめます。
また、スパイスが効いているので
香りよくカレーを仕上げます。

我が家のは小さい子供がいるので
辛くないカレー粉
インデラカレーC-1091を使いました。

出来上がりのカレーから
子供の分を取り分けた後に
大人に一味唐辛子の微粒粉を加えて軽く煮ました。

うちの息子は
ご飯だけじゃなく、パンにのせても
パクパク食べてました。

ひよこ豆さえ煮ておけば
それほど手間はかからないので
ぜひ一度お試しください。
もちろん煮豆缶を使ってもOKです。

パパがこれを作れたら、間違えなく尊敬されますよ!!