時々、お店の戸を開け店内をのぞきこみながら「お蕎麦だけでも良いの?」と質問されるお客様がいらっしゃいます。

そんな時私はいつも「もちろん蕎麦だけでも大歓迎ですよ!ただの蕎麦屋ですから!!」とお答えしています。

どうも料理を複数注文してお酒を楽しんでいるお客様が多いので、外から店内を見たときに蕎麦だけの注文ではいけないように感じてしまうようです。

おもしろいことに6年前の出店当時は、店内に並んでいるお酒の瓶を見たお客様によく「蕎麦屋のくせに酒がいっぱい並んでて居酒屋みたいだな!」と言われていたんです。

下町と異なり蕎麦屋で一杯楽しむという習慣に馴染みのうすい皆さんが多かったようなのですが、

なんとか「お蕎麦だけでもいいの?」と言われるくらいまで来ることができました。

しかし、なんだかんだ言っても店に入って来るなり「もりそばちょうだい!」と言って、さっと手繰って「ごちそうさん!!」と帰っていくお客さんがいらっしゃると私は「おっ!」てなります。

そう、だからうちはお蕎麦だけでもいいんです。子供さんだって大歓迎です。帰りには上の写真にあるお菓子もあげちゃいます!

さらせんは蕎麦好きの人に喜んでもらうためにある蕎麦屋ですから。