5月1日の朝日新聞文化面、

この記事に出てくる「雪暮夜入谷畦道(ゆきのゆうべ いりやのあぜみち)」の入谷がまさに さらせん の本家本元の地です。

まあいわゆる吉原の隣街になります。

私店主の本家のお墓がある、昔から紅葉で有名なお寺さんでは、

江戸時代には吉原に遊びに行く旦那衆が「紅葉狩りに行ってくるかな」なんて言い訳に使われていた粋な逸話が残っています。

花魁が紅葉狩りをしている様子が描かれている浮世絵もあるくらいです。

面白い記事なのでよろしければご覧ください。